教育ビジネスは廃りません

子供の教育は早い内から行うほうが良いとの説があります。

胎児及び幼児教育の統一と義務化

教育ビジネスは廃りません 子供の教育は早い内から行うほうが良いとの説があります。それはいわゆる幼児教育と呼ばれるもので、更に早い時期では母親のお腹の中にいる胎児の時期に行われるものもあります。古くから三つ子の魂百までとはよく言われたもので、それ以前の影響も強いと言われています。

人の脳の成長は母親の胎内にいる時から始まっていて、それから成人するまでの間は人生の中で最も劇的な成長を遂げます。それが幼い時期ほど変化が強く、その時の影響が脳の形成に強く作用するとの説があります。しかしながら胎児から幼児の時期はそれぞれの親元で育つのが一般的で、対応の仕方もそれぞれです。況して他者が介入する余地のない環境がほとんどです。

この環境に良くも悪くも個性が出来ると言っても過言ではないです。それが良い個性であれば問題ないですが、そうではない個性の場合は自他共に苦労する人生になりかねないです。そうならない為にも、胎児及び幼児教育の統一化や義務化を理想とする説があります。