教育ビジネスは廃りません

親が子供に行う教育ということでは、子供の将来を考えるので、勉強をするようにと強制することになります。

親の強制と子供の反発と教育

教育ビジネスは廃りません 親が子供に行う教育ということでは、子供の将来を考えるので、勉強をするようにと強制することになります。だいたいの家庭ではあそうなります。子供が不幸になるために親が子供に勉強をするようにさせるということはあり得ません。それが親にはよくわかっているので、勉強をさせようとします。しかし子供は将来を見ず、今楽しければ満足します。

そうなると、親の言うことを表面では納得しているように見せながらも、どうして今苦労しなければならないのかと色々な理屈を考え出します。他の友達は遊んでいるとか、勉強はしているとか色々な、もっともらしい言い訳をします。そうなると肝心の子供の勉強が進みません。

その場合には、方法を変える必要があります。子供にすべてを任せて勉強をしているふりだけ上手くなるようにするのではなく、親が子供に具体的な方法で、参加するということが必要になります。幼い子供には、一緒に勉強するとか、近くで勉強をさせるとかです。そうすると、親も子供の教育に興味を持ってきます。