教育ビジネスは廃りません

子供の教育にいちばん真剣になるのは当然ながら、その子供の親になります。

子供の教育の専門家であるべき親

教育ビジネスは廃りません 子供の教育にいちばん真剣になるのは当然ながら、その子供の親になります。それで、塾や家庭教師などを利用して子供に勉強をさせます。親が子供のころ、どうだったかということを考えると、子供の教育にも参考になります。がみがみ勉強をするように言われただけだったら、同じことをしている可能性も高くなります。そして、効果としても同じです。

子供はふたりの親のひな型で、だいたいは似ています。ふたりから生まれたので当然ですが、子供の教育でも、自分たちを振り返ってみることも必要になります。同じようにされたとして、勉強をするだろうかということも考えてみるべきです。

当然試行錯誤を重ねながらの教育ということになりますが、自分たちだったらどうするのかということも考えて、子供に対応していく必要があります。子供が勉強をしないということに対して、ただ子供に勉強を強制するのではなく、親子で一緒に変わっていくという方法も考えてみたり、試してみる必要があります。一緒に頑張ろうとしたりとかです。