教育ビジネスは廃りません

親子の感情の影響し合う状況は流動的です。

子供の気持ちと親の教育

教育ビジネスは廃りません 親子の感情の影響し合う状況は流動的です。様々な刺激を社会や家庭の中で与えたり受けたりしながら生きています。ですので、一定の形だけがすべてではないということがわかります。個性はそれぞれが違う感じ方や反応をするので個性になるわけです。子供の教育も同じで、一般的な知識がすべてではなく、流動する心の変化も考えながら対応する必要があります。

そして、大人と子供なので、大人が感情的になってしまっては収拾がつかなくなります。子供を観察して、感情のパターンをよく見ながら、良い方向に向かわせるということが重要になります。あまりにも強圧的にしても反発が内にこもってしまいますし、気を使いすぎても、子供が増長してしまいます。

非常に難しい塩梅がありますが、簡単であれば、誰も苦労はしないわけで、仕事と同じように、ひとつの事業として考えるべきなのが子供の教育です。何もないところから芸術作品を完成させるような事業ということになります。